Blog

スーダンの女性のための識字教室

現在の支援総額
$23,197(目標金額 $23,197
2012-05-31 ~ 2013-05-31
Agency: Together for Sudan
$23,197
このプロジェクトは、スーダンのハルツーム周辺地域で国内避難民女性のために20の読み書きのクラスを立ち上げ、運営の支援をする。先生たちは自分たちの住む近隣でクラスを開き、仕事を見つけるのにキーとなる読み書きの技術を400人の避難民女性に直接教える。このクラスのおかげで女性は仕事をもっと容易に見つけられ、家族のために収入源を生み出すことができる。

スーダンは世界で非識字率が最も高い国の一つで、全体では約50%、女性では84%に上る。 紛争被害の地域ではもっと高く、たとえば南ダルフールでは全体で76%である。最近、紛争被害地域のアビエイ、南コルドファン、ブルーナイル、ダルフールから新たに避難民がハルツームに来ていて、識字学級に対する要求は増えている。

クラスは1週間に3~4回開かれ、各クラスは2~3時間、学校、コミュニティセンター、教会で行われる。受講者は18ヶ月出席し、最後にはスーダン政府の読み書きの試験を受けることになっている。

追加情報

アフリカ最大の国であるスーダンは、1956年のイギリスからの独立以来ほとんどずっと紛争に直面してきた。 1983~2005年まで、アフリカで最長の内戦を経験し、壊滅的な大変動が起き、スーダン国内で推定400万人が避難民となり、難民として近隣諸国へ60万人が逃げた。

成果
Together for Sudanは昨年の間433人の女性のために読み書きのクラスを開き、今後の授業のために新しい先生を養成した。また子どもを連れてきた女性もいて、このプロジェクトの受益者の数は増えた。

このプロジェクトから利益を受けたのはこれらの女性だけでなく、受け入れコミュニティも、女性たちが今では日常生活やコミュニティの社会経済の場に自由に参加できることで利益を受けている。

「私はとてもうれしくて、地域の読み書きができない女性たちにクラスに参加するよう勧めています。私の夢は学校に行き勉強を続けることです。