支援プロジェクト

現在の支援総額
$20,000(目標金額 $20,000

2014-06-01 ~ 2015-05-31
Agency: Help Age International
$20,000

このプロジェクトで、パキスタンのペシャワール地方のキャンプから離れた場所に住む、家族の中に未亡人、高齢者、障害のある人がいる700家族に、WASH(水、衛生、健康)と社会心理的な支援をする。全部で約5,000人が、このプロジェクトの1部として衛生キットの配給と、衛生意識の普及や細やかな神経の育成とそれを広げていくトレーニングによって利益を受けると見込まれる。

現在の支援総額
$20,000(目標金額 $20,000

2014-05-07 ~ 2015-05-06
Agency: DARE
$20,000

このプロジェクトでは、タイービルマ国境に住む難民コミュニティのメンバーと、ミャンマーとも言われているビルマ国内で最終的に国内避難民となった人に、薬物中毒防止と支援に関しコミュニティでのトレーニングマニュアルを提供する。マニュアルは、10年以上前に地域の難民コミュニティのメンバーにより準備され教えられてきたDAREの以前のものを最新のものに修正した。 以前のマニュアルとDAREのプログラムは、ビルマと東南アジアの避難民コミュニティの多くを襲った薬物中毒危機と闘うのに役立ったことが証明されている。この最新のマニュアルは、中毒の危機に瀕している今、活動の区域を広げ、よりきめ細かい治療と教育を行うというDAREの目標にとって極めて重要だ。

現在の支援総額
$15,000(目標金額 $15,000

2014-05-07 ~ 2015-05-06
Agency: Karenni Social Development Centre
$15,000

このプロジェクトで、タイービルマ国境に住んでいる50人の青年に法律、非暴力の社会変革、環境問題に関する実習と教育を提供する。この10ヶ月のコースは、60年以上もビルマ(ミャンマー)の地域を襲った絶え間のない少数民族に対する暴力から、安全を求めて故郷から逃げて来た人々の間に、活気ある持続可能な難民のコミュニティを作ることの中心となる。このトレーニングはこれらの青年にとって未来を輝かせるものとなり、彼らは仕事の機会を増やし、コース終了後コミュニティの中で彼らの知識を更に広げることができる。

現在の支援総額
$20,000(目標金額 $20,000

2014-04-01 ~ 2015-03-31
Agency: Bienvenu Shelter
$20,000

このプロジェクトは、南アフリカ、ヨハネスブルグのBienvenu Shelterの女性が、仕事を見つけたり、小規模ビジネスを始めるために役立つ技術とビジネスの知識を提供する。 RIJの資金援助で、12ヶ月の裁縫技術のトレーニングを援助し、それにより女性は技術を高め、英語やビジネスの知識も向上させることができる。 またプロジェクトリーダーはBienvenu Shelterやコミュニティの住民に子どもの保育支援をする。そのため、より多くの女性が裁縫プログラムに参加できることになる。全体として裁縫プロジェクトは、将来に希望が持てるようになるために役立つ技術を教えることでBienvenu Shelterの140人の女性に直接的な利益を与える。 

現在の支援総額
$30,000(目標金額 $30,000

2013-12-20 ~ 2014-02-02
Agency: OGA for Aid
$30,000

このプロジェクトは、2011年3月の地震で壊滅的な被害を受けた東北地方の南三陸の農業とビジネスを復興させるために企画されている。プロジェクトの企画責任者は、RIJの前の資金援助で、その地方に収入、職、持続可能な食物源をもたらすためにグリーン・ファーミングを創設し成功した。この企画をさらに拡大し効果を上げるために今必要としているのは、インフラ、設備、人員である。このような企画は、地域に人々とビジネスを呼び戻し、決して地元を離れなかった人々が以前のような正常感を再び持てるようにするために欠かせないものである。

現在の支援総額
$20,000(目標金額 $20,000

2013-10-01 ~ 2014-03-28
Agency: Popular Aid for Relief and Development (PARD)
$20,000

このプロジェクトでは、続いているシリア紛争のため避難民となった370のシリア人家族とパレスチナ人家族の生活環境を向上させる。各家族は、レバノンの彼らの居住地や非公式の入植地で不足している必要不可欠の衛生用品の入ったキットが支給される。またプロジェクトの協力者が定期的に健康教育のセミナーを開き、約600人の女性が家族が新しい環境に慣れるまでの間、清潔で安全な生活環境を確保できるようにする。

現在の支援総額
$20,000(目標金額 $20,000

2013-09-20 ~ 2014-09-20
Agency: Karen Women’s Organisation
$20,000

このプロジェクトでビルマのカレン州の新生児の母親に2,000のベビーキットを配布する。キットにはベビー用石鹸と洗濯石鹸、サロン、おむつ、母親の健康に関するパンフレットが入っていて、それらすべては安い値段で長くもつ。このプロジェクトはカレン州の最近の出生率に基づいて、今年カレン州で生まれる子供のすべての母親にベビーキットを配布することになる。

現在の支援総額
$18,406(目標金額 $18,406

2013-07-31 ~ 2014-07-30
Agency: World Vision Sri Lanka
$18,406

このプロジェクトは、北部スリランカのムッライッティーブ地方の新たな再定住地区で、プレスクールの先生が免許状を取る支援をして、プレスクール教育の質の向上を目指すために企画された。先生自身も紛争で被害を受けた帰還民で、以前は限られていた上級教育を受ける機会をこのプロジェクトで先生たちに提供できる。

現在の支援総額
$19,433(目標金額 $19,433

2013-07-20 ~ 2014-07-20
Agency: Karenni Social Development Centre
$19,433

このプロジェクトでは、民主主義、政治、人権、環境保護の教育と実践トレーニングを、タイービルマ国境に難民として暮らしているカレンニ人の若者34人に行う。このプログラムに参加することで、学生は以前は全くなかったわけではないが限られていた教育の機会を得る。そして彼らが得た知識はコミュニティの中に広まり、避難民の現実に対する闘いに新たな展望と提案の基盤を作るのに役立つ。

現在の支援総額
$19,820(目標金額 $19,820

2013-06-01 ~ 2013-05-31
Agency: DARE (Drug and Alcohol Rehabilitation Education
$19,820

このプロジェクトでは、タイービルマ国境のキャンプに住んでいる難民と将来ビルマに戻って来る難民のために、薬物とアルコール中毒撲滅の実現に向けてDAREネットワークの力を高めようとしている。1人のインターンがビルマでDAREの薬物濫用に関するマスタートレーナーになるために訓練を受け、さらに20人の難民が再定住で第三国に行った人の代わりに、キャンプで薬物に関する活動家になるために6カ月間訓練を受ける。また20人の若者とその家族が薬物濫用のために治療を受ける。