記事

現在の支援総額
$15,400(目標金額 $15,400

2017-10-01 ~ 2018-03-31
Agency: Karenni Social Development Centre

過去20年間ミャンマー(ビルマ)では、2万2千人以上のカレンニ州の人々が家を追われ、州外へと強制移住させられました。さらに多くの人々が、カレンニ州内で強制退去させられた生活を送っています。

こうした人々にとってキャンプの中では教育や雇用の機会が限られており、人権や自分たちの利益を守るためにどうすればよいか、ほとんどのカレンニの人々が知りません。

現在の支援総額
$20,000(目標金額 $20,000

2017-10-01 ~ 2018-06-30
Agency: PARD

レバノンには、100万人以上のシリア避難民がいます。その中で40万人の子供たちがレバノンへ通うために難題を抱えています。

就学年齢に達したシリア避難民の子供のうち、約30%しか教育を受けていません。学校へのアクセスや様々な問題に加えて、学校で受け入れられるための重大な課題として挙げられるのは、言葉です。シリアの学校ではアラビア語が使用され、一方レバノンの公立学校ではフランス語や英語が話されます。そのために、シリアの子供たちにとってレバノンの学校教育制度に受け入れてもらうための準備が欠かせません。

RIJは自国への帰還に向けて自分たちの生活を再建するために働き、平和なコミュニティを作ろうとする人々を支援しています。コミュニティを基盤としたグループに資金援助を行い、資金援助を受けるプロジェクトは、避難民や国内避難民コミュニティにおいて活動経験の豊富な団体によって運営されています。当会は支援が迅速かつ効率的にこうした団体に届くよう、努めています。

現在の支援総額
$25,000(目標金額 $25,000

2016-10-01 ~ 2017-06-30
Agency: PARD

シリアからの難民の子どもたちは、異なった言語や文化で学校に行くことが難しい状況に直面している。レバノンの学校はシリアの学校とは違っていて、準備しないと適応するのは困難だ。このプロジェクトは、4~6歳の110人のシリア難民の子どもに、レバノンの学校への入学準備をする9ヶ月のプレスクールを開く。このプロジェクトは3年前に始まり、これまでここを修了した子ども全員が入学のテストに受かり、小学校に入った。

現在の支援総額
$21,600(目標金額 $22,000

2016-10-01 ~ 2017-09-30
Agency: Caritas Nairobi

このプログラムは、ナイロビで、都市に住む200人の若い難民が受け入れコミュニティで定住し、金銭的に自立する力をつけることを援助する。青年難民能力養成プログラム(YREP)を通して、難民は基礎的な読み書きの研修、司法相談所の設置、教育、生活していくための技術の養成、仕事の機会が与えられる。

現在の支援総額
$6,800(目標金額 $6,800

2016-10-01 ~ 2017-03-31
Agency: Karenni Social Development Centre

 

カレンニ・ソーシャルディベロップメントセンター(SDC)は、組織を援助して少額の収入を生み出し、学生が職業技術を習得できるようにマイクロファイナンスの企画を行う。SDCは学生が運営する小さな軽食店やカフェを作り、そこでキャンプの住民たちは伝統的なカレンニ料理を食べることができる。

現在の支援総額
$20,800(目標金額 $20,800

2016-06-01 ~ 2017-03-31
Agency: Karenni Social Development Centre

カレンニ・ソーシャルディベロップメントセンター(SDC)は、タイとビルマの国境沿いにあり、2016年06月から2017年03月まで、50人の若者に研修を行う。プログラムは非暴力の社会変革、環境、法律についてである。コース終了後には、移動トレーナーになり、ビルマのカレンニ州や国境地域で、習得した新しい知識や技術を広める活動をする。また、地域のコミュニティベースの組織で仕事を見つける修了生もいる。

現在の支援総額
$20,000(目標金額 $20,000

2016-04-31 ~ 2017-04-31
Agency: Karen Women’s Organisation (KWO)

このプロジェクトはベビーキットの配布で、洗濯用石鹸、化粧石鹸、赤ん坊のおくるみ、爪切り、衛生のパンフレットが入っていて、8つの区域の少なくとも2,400人の母親と新生児に行き渡る。このパンフレットが入ったベビーキットは、なければ母親自身や新生児の健康管理がわからない女性たちに大事な知識を広めることになる。

現在の支援総額
$20,000(目標金額 $20,000

2016-01-01 ~ 2016-11-30
Agency: DARE Network

コミュニティの防止教育は、薬物中毒者自身からその家族、友人、近隣の人にも行っている。DAREネットワークの活動は、タイーミャンマー国境とミャンマー内のキャンプに住む数千人に届いている。

現在の支援総額
$10,000(目標金額 $10,000

2015-09-31 ~ 2016-04-01
Agency: Japan Emergency Network (JEN)

このプロジェクトは、ヨルダンのザアタリ難民キャンプの女性たちに研修の機会を与え、キャンプの月刊雑誌「ザ・ロード」に援助をし、女性自身が女性のために特化した問題を提起する研修を行う。 研修は4つの異なったワークショップで、主に編集、ジャーナリズム、デザインに関して25~30人の女性から成る2つのグループで行われる。