Blog

スーダンの生計手段とマイクロエンタープライズ

現在の支援総額
$25,000(目標金額 $25,000

2011-07-01 ~ 2012-06-30
Agency: Mercy Corps
$25,000

このプロジェクトは、南スーダン、トゥイック地区の、若い男女56人の帰還民をサポートし、みずからマイクロビジネスを立ち上げて運営できるようにする。彼らが力をつけ家族のために持続可能な収入源を作り出し、地域のコミュニティの社会的、経済的な発展を進められるようにする。間接的にはさらに336人を支援することになる。

この56人の起業家に対してビジネススキルやリーダーシップトレーニングをし、少額の助成金、起業する材料、無償の貯蓄貸付制度を提供し、専門的なサポートとチェックを継続して行う。マイクロエンタープライズの伸長は、新たな収入源をつくり出すことで、些細な犯罪や地域でのいざこざを減らすことにもなる。
南スーダン独立のための国民投票の結果、スーダン北部や近隣諸国から南スーダンへ帰還民が大量に流入したため、生計手段の機会がすでに限られた数しかない中で、さらにその需要が増大した。帰還の費用も帰還民のコミュニティに大きな重圧となった。このプロジェクトは帰還民とその家族を支援し、彼らが自活し生活を再建し、再定住が容易にできるようにする。

追加情報
1983~2005年にスーダンはアフリカで最も長い内戦を経験したが、破壊的な動乱となり、スーダン内で推定4,000,000人が国内避難民となり、600,000人が難民となって近隣諸国に逃げた。
2011年1月の国民投票の結果、南スーダンは同年7月、スーダンから自力で独立を勝ち取り国家となった。