Blog

若者(少年、少女)のためのアルコール、薬物、暴力防止と治療

The form does not have Goals enabled.

2008-07-01 ~ 2009-06-30
Agency: DARE – Drug and Alcohol Recovery and Education
$25,000
The DARE for All Family Projectは家庭内暴力と取り組み、女性に支援と治療をし、若者プログラムを運営し、再発防止に力を入れコミュニティの責任を高める。RIJは DAREチームを4年間資金援助してきた。今年のプログラムは、アルコールや薬物乱用の結果として若者に潜在的に存在している女子や子どもへの危険な暴力 を防ぐ方法として、若者や子どもに直接働きかけることを目標にする。

成果
パペットショーがDAREのトレーナーとキャンプのスタッフによって行われ、5つの難民キャンプの33,000人の若者が参加した。パペットショーは薬物濫用の解決に関しDAREのスタッフやアーティストによって作られたコミック本に基づいていた。ショーはティーンズ・フォー・キッズ・DARE・チ-ムにより5つのキャンプで作られ、次々と地区を回った。このチームはすべてのキャンプで、小学校、中学校、高等学校の教室で月1回のペースで、教員やカレン教育局と協力して彼らの知識を伝えた。

DAREは、バンコック・アルティミット・フリスビー・チームのボランティアと一緒に、DAREのティーンズのチームに、フリスビーの正式のやり方を教えるために活動した。アルティミット・フリスビーは広く知られるようになり、アルコールや薬物の代替として皆に提供する目的をかなえつつあり、それは健康、調和、紛争の建設的な解決策、男女の平等を促進する。

また74人の若者が、薬物依存の一連の治療を受けた。