カテゴリーなし

2007-12-01 ~ 2008-11-30 Agency: Popular Aid for Relief and Development (PARD) イスラエルとシリアに国境を接しているレバノンは、パレスチナ難民を最も多く受け入れている。レバノンには推定で約23万人のパレスチナ難民が住んでいる。今年の初めの北レバノン、トリポリでの過酷な闘争はナヘ・エル・バレドキャンプにまで拡がり、3万人のパレスチナ難民が居住場所から逃げ近くのキャンプに避難した。多くの家族が今も避難してきて政府管理の学校の校舎に住んでいる。地域担当の国連機関が、新年度に備え難民が学校の敷地と建物を明け渡せるように、新たな仮のキャンプを造った。寒さと雨の冬の季節がきて、体を洗うお湯を確保するため自動湯沸かし器が緊急に必要である。 この資金援助でナヘ・エル・バレドキャンプの4つの仮施設に住む帰還家族に195の自動湯沸かし器が提供できる。設置の仕事はキャンプに住む熟練の配管工が行い、彼らはそれで少しの収入が得られる。水の供給はいくつかのNGOが行っている。...

2007-12-01 ~ 2008-11-30 Agency: Jesuit Refugee Service (JRS) ジンバブエでは何万人ものジンバブエ人が、食料不足や、国内経済がほぼ壊滅状態で、政治弾圧が続いているため、近隣諸国に行かざるを得なくなった。推定で80万人~100万人が職を求めて南アフリカに逃げ、ジンバブエにいる家族に食糧を送っている。難民の大多数は男性で、家族を養うために自分たちは食料もない状態で過ごしている。ジェスイット・レフュジー・サービス(JRS)は10年以上ヨハネスブルグやプレトリアで難民のために活動をしているので、現在も続いているコミュニティサービス機関や避難所とのつながりを使って、ジンバブエの難民支援ができる。 この資金援助で、500人の大人と世話や保護を必要としている少なくとも50人の子どもに緊急支援ができる。 JRSが提供するのは次のようなものである。財政援助、社会心理面における支援、困っている人をトラウマ緩和のクリニックに行かせること、支援が必要な子どもの確認、新たに来た人に必需品のパック配布、法的支援とカウンセリング。RIJの援助金は新たに来た人へ配るパックの費用、子ども支援とカウンセリングにかかる費用に使う。 パックには、石鹸、歯ブラシ、その他日常使う衛生用品が入っている。寄り合い場所になっている避難所では日中食物が提供される。JRSは寄付された食品や衣類の配布も行っている。 受益者は弱者や困窮の度合いによって選んでいる。子どものいる女性、同伴者のいない子どもが優先される。...

2007-11-01 ~ 2008-10-30 Agency: JEN 南スーダンでの20年間の内戦の後、2005年に、難民及び国内避難民は故郷に戻り始めた。370万人の国内避難民と約35万人の難民の帰還が、帰還組織 を通して自発的に続いている。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、2006年12月までの南スーダンへの帰還難民は96,508人であっ た。2007年には102,000人の帰還を計画している。 テレケカはCentral Equatoria State の地域で、ウガンダからの帰還難民の約90%、コンゴ民主共和国からの帰還難民の40%の故郷である。飲み水で感染する病気の問題は、整っていないインフ ラと天然資源の拡がりのために深刻である。2007年6月と7月のJENが行った学校調査によると、学校に通う子どもの68%が少なくとも月に1回は下痢 に苦しみ、調査した67の学校のうち33の学校は子どものための安全な飲み水が手に入らず、54の学校は便所がない。帰還難民たちは設備が不十分で、特に 子どもが学校に通う機会が十分でない地域に戻り定住することをためらっている。 RIJ援助のこのプロジェクトで、試掘の穴と便所がテレケカ町のセントステファン小学校に設置される。運営委員会がつくられ、ポンプや便所の修理に必要な 技術が教えられる。衛生に関する教材が用意され、授業のほか劇、歌、人形劇を通して教えられる。直接利益を受けるのは470人の子どもと13人の先生だ が、安全な水の供給やよりよい情報が手に入ることで、コミュニテイの約2万人が間接的に利益を受けるだろう。...

2007-11-01 ~ 2008-10-30
Agency: El Wafa Medical Rehabilitation Hospital, Alpheda

ガザ地区は世界で最も人口過密の地域の1つで、360平方キロメートルの地に約150万人の人が住んでいる。人口の大多数は難民で、その50%以上が8つのキャンプに住んでいる。70%の世帯が貧困ライン以下、そのうち42%が極度の貧困にあえいでいる。資源は限られ、経済活動はほとんど無く、人々は食料、医薬品、燃料を外部からの供給にたよっている。その地域の国連の仲介者、赤十字の国際委員会、それに世界食糧計画(WFP)が協力して援助物資の配送を行っている。