2009

現在の支援総額
$25,000(目標金額 $25,000

2009-12-01 ~ 2010-11-30
Agency: International Rescue Committee
$25,000

ケニアのダダアブの栄養失調の子どもたちがライブオークションの1つのターゲットであったが、このプロジェクトを直接支援する寄付金として30万円が集まった。

現在の支援総額
$25,000(目標金額 $25,000
2009-11-30 ~ 2010-11-29
Agency: Lutheran World Federation
$25,000
このプロジェクトの目的はキトグム地方の国内避難民キャンプ地近くや復帰した地域で、環境にやさしい活動を推進することで環境の修復を援助することである。

現在の支援総額
$25,000(目標金額 $25,000
2009-11-01 ~ 2010-10-31
Agency: DARE – Drug and Alcohol Recovery and Education
$25,000
DAREネットワークは、タイービルマ国境沿い及び将来平和になるであろうビルマで、地方の民族の薬物乱用に関して訓練を受けたスタッフと活動家からなる地元の組織であり、自らの民族の中で薬物とアルコールの乱用の防止と治療に打ち込んでいるリーダーや移動しながら活動しているリーダーが作る諮問委員会と共に活動している。今年DAREは続いてアルコールと薬物乱用の防止のために活動している若者の視野を広げることにしている。この活動は、十代の若者が自らの文化、社会、教育、身体の健康に関して健全な選択をしつつ、若者に団結させて家庭内暴力、集団暴力、薬物乱用と闘っているコミュニティが健全な社会を取り戻すようにする。

現在の支援総額
$22,000(目標金額 $22,000
2009-11-01 ~ 2010-10-30
Agency: Karen Youth Organisation
$22,000
カレン・ユース・オーガニゼイション(KYO)の主たる目標は、正義と平和に基づくより良い社会を創るため、民主的なリーダーシップの養成を通して、若者が将来に立ち向かえるように力をつけ備えることである。持続可能な環境で政治が安定していて物が手に入る公正な社会を創るのに重要な役割を果たせるよう、若者を支援し教育することが企画されている。教育、情報技術(IT), 生活保護、コミュニティの発展と組織作り、政治意識に関するトレーニング、地域の問題解決は地域のニーズを考えて行うことを確実に実行するためカレンコミュニティの状況に適したプログラムを行う。

現在の支援総額
$7,500(目標金額 $7,500
2009-08-10 ~ 2010-08-09
Agency: Earthrights International
$7,500
RIJによるアースライツインターナショナルの修了生に対する小さなプロジェクトへの資金援助は、長年成功をおさめてきた。アースライツインターナショナルは1998年に、タイに最初のアースライツスクール(ERS)を創設し、ビルマからの難民に必要なものを提供し、彼らの社会をビルマの内外に再建することに積極的に加わっていくために必要な技術を教えた。このERSの修了生プログラムは、修了生を援助し、ビルマへの帰還に備え強固で自立した基盤を作る機会をさぐるために作られて、これがこの資金援助の要求の中心である。

現在の支援総額
$25,000(目標金額 $25,000
2009-05-31 ~ 2010-05-30
Agency: Caritas Arauca
$25,000
カリタインターナショナルの支部のpastoral Socialは、子どもが勉強し成長の喜びを享受できる安全な環境を与えるために、教育センターを作る予定でいる。

現在の支援総額
$5,000(目標金額 $5,000
2009-05-30 ~ 2010-05-29
Agency: HelpAge International
$5,000
ヘルプエイジインターナショナルは確立した団体で、25年間、高齢者たちが尊厳のある安全で活動的で健康な生活を送れるように、権利を主張し、差別と闘い、貧困を克服する手助けをしてきた。支援パートナーと、高齢者たちがどれだけ社会に貢献してきたか、だからヘルスケア、社会的サービス、経済や健康の保障を受ける権利を享受すべきだということを全ての人々が確実に理解するように活動している。高齢者は特に世界で増大する紛争や自然災害の脅威に直面しているが、しばしば弱い立場であるとは思われていない。ヘルプエイジインターナショナルはすべての緊急プログラムの実施の中で、高齢者の権利、ニーズ、能力が今こそ認識されなければならないと思っている。